安心してお任せできるのはプロの業者

どんな洗面化粧台にしたいのか

ただ機能的な洗面化粧台に付け替えるのであれば、サイズと配管の位置、業者との打ち合わせて日程を組んで工事してもらって終了です。
最近では、スタイリッシュでおしゃれな化粧洗面台も出ています。
理想通りになるのか、大掛かりな工事になるのかは業者と相談して進めていくことになります。
あまりに劣化が激しい場合、賃貸であれば大家に相談する必要があります。
賃貸で住んでいる場合は大家に「現状」で返すことが条件になりますので、入居の段階で許可が無い場合は仲介の不動産屋か大家に事情を話すことから始まります。
賃貸の場合は許可が出ても費用負担は自分持ち(退去する時はそのまま置いていく)、大家が負担するが理想通りの洗面化粧台ではないケースがほとんどです。
自己所有のリフォームは自己責任ですが、賃貸の場合は負担が自分側か大家側かでかなり変わってきますので注意しましょう。

思いっきりリフォームでインテリア感覚も

洗面も時が経てばセラミックが剥がれてきて、汚れが落ちにくくなります。
洗面台だけ交換するなら、上部についている化粧台部分も一緒に交換するとよいでしょう。
ワンセットで販売されていますし、おしゃれなもの、今では当たり前のシャワーヘッド付のものお手頃価格で購入できます。
予算があるのであれば、すべて業者にお任せでやってもらえ、機能も効率もよい新ピカの化粧洗面台にリフォームできます。
毎日洗面台に向かうのもウキウキしてしまいます。
ショールームやイケア、ニトリ、無印など個性的なインテリア家具と同様に化粧洗面台があります。
お客様にも自慢できるような素敵な洗面化粧台もありますので、いろいろとじっくり見ると良いでしょう。


この記事をシェアする