プロの道具が必要だけど、DIYで自分でもできる

洗面台キッドなら自分で購入可能

通信販売などで洗面化粧台を検索するとお手頃価格で3万円くらいから販売されています。
フルセットのもの、洗面部分だけのもの、鏡、棚部分だけのものと様々なスタイルで販売されています。
DIYするために、今まで使用していた化粧台部分を外して壁から棚まで自分でインテリアを施すのも流行っています。
洗面部分だけイメージに合うものを通販で取り寄せ、化粧台部分は壁紙、棚、鏡は自分で100円ショップの雑貨、道具、インテリアを駆使して「自分だけ」の洗面化粧台を作り上げる女性も多くなりました。
電動ドリルも女性が使いこなせる時代になり、くぎ打ち、ねじ締め、接着や内装まで女性一人できる環境が整ってきています。
賃貸の際は現状に戻して退去する必要がありますが、それを承知の上で果敢にリフォームを施すに人もいます。

DIYで愛着のある洗面化粧台にしよう

実はホームセンターで売られている材料や、100円ショップのかご、棚、リメイクシートなどで「めちゃカワ」「シックでホテルのような」「カントリー風、ナチュラル」な洗面台にリメイク、リフォームができます。
ネットで検索すると、まとめサイトまであります。
一つ目のアイデアは「今の洗面化粧台ごとリメイク」してしまうものです。
化粧台にペンキをぬったり、タイルを張ったりしてプラスチックの素材感を別の素材感に仕立て上げます。
その素材に合うようなインテリアを組み合わせてオシャレな棚をつけたり、かごを取り付けたりして今までとは違う洗面化粧台の出来上がりです。
二つ目のアイデアは「化粧台」を使用しない方法です。
鏡は大き目のを用意して、壁はリメイクシートやマスキングテープ、カッティングされたクロス用の壁紙を使います。
は上手に小道具を使用して収納できる棚やキャスターをつかうと無駄がなく、おしゃれに見せることができます。


この記事をシェアする